最西端の103系 of 和白交通局

HOME > 写真集 > 最西端の103系

最西端の103系

40D-IMG_2898 - コピー.jpg
103系は国鉄が製造した通勤電車で、3447両が製造されました。103系と言えば首都圏・関西圏での活躍が中心でしたが、実は九州にもひっそりと在籍していました。1983年に国鉄筑肥線が福岡市営地下鉄に乗り入れるために、地下乗入仕様の1500番台が54両製造されました。すでに東京では203系が製造されていた時代でしたが、経済効率の観点から103系が製造されました。床下機器こそ103系のままですが、車体は201系に準じた物で、前面は119系に似ているなど、今までの103系とは違った外観で登場しました。
JR化後に短編成運用できるよう中間運転台を取付け改造する工事が行われました。また塗装もJR九州コーポレートカラーを基調とした塗装に変更されました。後輩の303系が製造されましたが、103系を置き換える勢いは無く、今でも筑肥線最大勢力として君臨しています。

IMG_0311.jpg唐津IMG_0235.jpg唐津40D-IMG_2898.jpg唐津

IMG_0230.jpg唐津 JR化後に中間車を先頭車改造して誕生したIMG_0316.jpg筑肥線快速は、地下鉄線内は各停P1080445.jpg車内 座席はJR九州独特のドット模様に交換されている。

旧塗装
IMG_22266.jpg九大学研都市IMG_2474.jpg下山門-今宿DSC02918.jpg筑前前原

070811-2.jpg国鉄塗装の痕跡が・・・0402-3.jpg先頭車ドア横に配されていたロゴ050201.jpg福岡空港 ホームドア未設置時代の一枚