下関駅火災事件 of 和白交通局

HOME > 特集 > 下関駅火災事件

下関駅火災事件

下関駅は2006年1月7日に火災が発生し、同駅の特徴であった三角屋根の駅舎が焼失しました。火災の影響で信号系統が焼失し、山陽本線・山陰本線の下関周辺の路線が終日運休し、大混乱となりました。
再開発で近い将来この駅舎は解体されることになっていましたが、このような形で失ってしまうのは大変残念です。

撮影日 2006年1月9日 (火災から2日後)

img187.jpg
img184.jpg
img181.jpg
img190.jpg
img193.jpg
img196.jpg
img199.jpg
img202.jpg
img205.jpg
img208.jpg
img211.jpg
img214.jpg
img220.jpg
img223.jpg
img217.jpg
img232.jpg
img226.jpg

img017.jpg在りし日の下関駅舎

ページの先頭へ